ブログ

12月 03 2017

鮒味噌

2:38 PM ブログ

私の故郷の蟹江町は、古くは東海の潮来と呼ばれ、

蟹江川、日光川、善太川などの河川の河口流域に位置します。

実家周辺は遙か地平面の彼方まで水田が開け、

鯉、フナ、うなぎ、ナマズなどの淡水魚が豊かでした。

春先になると鮒やらナマズやらが川から水田に上がってきて

それを捕まえるのがファミコンのなかった小学生たちの楽しみでした。

寒くなったこの季節

鍋に鮒を並べ、まめ味噌でコトコトと煮込んだ鮒味噌を

母がよく作ってくれました。

火鉢の火で時間を掛けて煮込むので

骨も柔らかくなって、頭から尾まで全て食べることができます。

今でもお千保さんの参道で鮒味噌を見つけると

つい欲しくなる郷土料理です。

名古屋市内のスーパーでも見かけることがありますが、

驚くような値段が付いているので、ちょっと躊躇します。

 

Copyright © 黒川総合法律事務所. All rights reserved.