ブログ

12月 17 2017

春日井相続事件簿 その1(寄与分と遺言)

相談者:法務ズ先生は、春日井でも法律相談をされるんですね。

法務ズ:そうだね、勝川のルネックや高蔵寺の東部市民センターでも出張相談をしているよ。

相談者:実は母を自宅で介護して長くなるのですが、母が私にお礼をしたくって財産を多く残したいと言うんです。

法務ズ:お母さんはあんたに感謝してるんだね。

相談者:遺言では寄与分の指定ができないって聞きましたけど。

法務ズ:よく勉強しているね。その通り。

お母さんにあんたの相続分を多く遺言してもらえばいいんだよ。

それに遺産分割で寄与分を主張するのは、けっこう骨が折れるんだよ。

ところで何人兄弟だったかな。

相談者:3人兄弟です。

法務ズ:他の兄弟の遺留分をどうするかも考えないとな。

相談者:法務ズ先生から説明してもらえませんか。

法務ズ:今度、お母さんのお見舞いがてら相談に乗ることにするよ。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Copyright © 黒川総合法律事務所. All rights reserved.