ブログ

3月 30 2018

名古屋相続事件簿 その7(相続放棄と生命保険)

相談者:法務ズ先生、遺産を処分してしまうと相続放棄はできないですよね。

法務ズ:そのとおりじゃ。だから亡くなった人が多額の借金をしていなかったか慎重に調べないとな。

相談者:そうですよね。私、大変なことをしてしまったかも。

法務ズ:どうしたんですか?

相談者:夫は生命保険の受取人を私にしてくれていたので、保険金を受けとって

子どもの大学の授業料に充てたんです。

でも夫が知人の連帯債務者だったことがわかって、1000万円を請求されているんです。

そんなお金払えないので、相続放棄したいんですが、生命保険金を使ってしまったことを思い出して。

法務ズ:安心なされ。あなたが受取人であった生命保険金は相続財産ではありませんぞ。

あなた自身の財産なので、保険金を使っても遺産を処分したことにはならんのじゃ。

だから相続放棄ができるというわけじゃ。

ところで、ご主人には遺産はなかったのかね。

相談者:はい。生命保険金が夫が残してくれた全てです。

法務ズ:では相続放棄の手続をなさることじゃ。

そんなに難しい手続ではないから、あなたでもできますよ。

相談者:確か3か月内に手続をしなければいけないんですよね。

弁護士費用が高くなければ、先生に頼みたいんですが。

法務ズ:わかりました。では弁護士費用の説明をしましょうか。

 

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Copyright © 黒川総合法律事務所. All rights reserved.