ブログ

4月 4th, 2018

4月 04 2018

法務ズの謎

事務員:法務ズ先生は黒川先生の伯父さんなんですよね。

法務ズ:そうじゃな。その縁でうちの事務所に来てもらった。

まだまだ、ひよっこじゃがな。

事務員:先生はどうして弁護士になられたんですか?

法務ズ:鋭い観察眼、頭脳明晰な判断力を持ち合わせたわしにふさわしい職業といえば

探偵か弁護士しかないじゃろ。

事務員:でも黒川先生は、依頼者に対するやさしい愛情と時には厳しい言葉を学びたいと言っておられましたよ。

法務ズ:黒川君は相変わらず青い。

法律書のどこにも書いてない、仕事と人生そのものからしか学べんことだな。

その点ではわしもひよっこかもしれん。

事務員:せっかく探偵みたいな名前がついているんですから、ズバリと解決してください。

法務ズ:もちろん法律家だから、法律問題はズバリと解決するさ。

それ以外は弁護士が扱う領域ではない。

でもそれを軽視してはいい仕事もできない。

事務員:わかったようなわからないようなことをつぶやくのは止めて

裁判所から裁判の日程調整の件で電話です。

 

4月 04 2018

法務ズ後見人走り回る その2

法務ズ:Aさんに老健から特養に移動してもらうので、

介護タクシーの手配をお願いできるかな。

事務員:老健がある都市の業者でいいですか?

Aさんも病院、老健、特養と短期間で移って大変でしたね。

法務ズ:本当はよくないんだろうが、永続的に住める施設を探すのはやっかいなもんだな。

事務員:綱渡りでしたね。

法務ズ:わしゃ、走り回ることでは誰にも負けないと思っているが、

老人福祉に詳しい方のアドバイスがなかったらどうなったかわからん。

事務員:後見業務も連携が大事なんですね。

法務ズ:税金は税理士。登記は司法書士。介護関係は社会福祉士。

専門家とチームワークを組むことが大切ということだな。

事務員:先生、社会福祉士のような先生とも交流を深めないといけないですね。

法務ズ:そうじゃな。後見の仕事をやっていくなら必要だな。

事務員:先生、ブログを書いて募集したらどうですか。

法務ズ:ブログなんてかなわん。

PCサイトはこちら
スマホサイトはこちら
Copyright © 黒川総合法律事務所. All rights reserved.